2018年05月13日

KSC M4A1 GBB ver2 〜ウェザリング失敗〜


休日の雨はどこか憂鬱。
なんかこう、スカッとするような休日カスタムはないものか、と仕事用品を物色しながら思案。
ああ、そういえば車のワイパーがうるさいからビビり止めでも買って行こう。

カー用品部門をプラプラ見ていると陳列棚に並べられたピカールを見て閃いた。

「そうだ、ウェザリングしよう。」

まさかこんな事になるなんて…。
この頃のZoomには知る由もなかった。



さあ、ここに取り出したるはピカールと#320スポンジヤスリ。

まずはバレルとサイトブロックあたりから。


ふむ。悪くない。いいじゃないか。
よし、ボディーも行ってみようか。





んん?
んんん???!!!??

何故か研磨していくと黒くなっていく…。
KSCのM4GBBをお持ちの方はわかると思うが、本機はグレーぽい黒のボディー。
それが研磨する毎に黒くなっていき、いきなりシルバーの地が現れる。
違う…こんな筈では(T-T)

仕方ない。せっかくだからピカールで磨いてみるか。

おんんんん?????!!!!??
すごいテカリだ………
プラスティックような光沢(T-T)
もうやだ…


LCT amd65 のスチールボディーや本機のスチール製のバレルやサイトブロックがうまくいった処から、アルミ材に塗装というのがウェザリングの失敗原因かと思われる。

とりあえず、ピカールは本当にピカッとすげーんだなと感心した。
塗装面には使用しないでねと書いてあったからてっきりいい感じに落としてくれるだろうと思っていたのだが……。

次回はテカってしまった処を傷付けるような感じで馴染ませてみよう。  


Posted by Zoom@べれお at 19:23Comments(0)カスタムKSCM4ガスブロ

2018年05月09日

LCT AMD65〜ベベルギア交換〜



先日うろちょろしていた時の戦利品のベベルギア。
秋葉原 airsoft97で500円ガチャをやったら当たった残念賞。

「箱の中からお選びくださーい」
との事だったのでゴソゴソ漁っていた処、8枚ギアのベベルギアを発見。
どうやらベベルギアの逆転防止歯が多いとセミのキレが上がるそうな。
ついでにM90スプリングで初速82mほどなので、もう少し強いスプリングに入れ替えよう。




右がLCT純正、左が件の謎ベベル。
さくさくと作業。



動画も撮ったのだけれどまだアップの仕方がよく分からないので残念ながら割愛。

効果の程はというと、確かに僅かではあるがモーターが回り出してから停止するまでの時間が短くなった。
しかし、わざわざ購入してギアボックスを開けてまで施工するほどではないかなという印象。
一緒にスプリングも強くしてしまったので効果が薄いのかも知れない。
セミのキレを求めるのであれば他のギア比も変えてトータルでカスタムしないとあまり意味がないようだ。  


Posted by Zoom@べれお at 20:59Comments(0)カスタムLCTAMD65

2018年05月07日

S&T ARX160〜パラコードdeスリングスイベル〜

過去最高の費用対効果を叩き出した80円/mのパラコード。

本来のパラシュートに用いられるのは勿論の事、アクセサリーや愛犬のリード、緊急時には種火や着火剤、はたまた爆薬の導火線等…
使用用途は多岐にわたり、プロの方々も御愛用。

ちなみに一説では、「人類最大の発明は『紐』である」という話がある。
編めば布になり、縫えば服になる。
格子状に編み込んでゆけば網になり、相手の首に巻きつければコロス事も容易である。

そして今、人類の叡智と最大の発明がZoomの手の中で十字を切る!






かーっちょいー!!

これを期にパラコードの編み物でも始めてみようかしら。
まずはブレスレットあたりから…。  


Posted by Zoom@べれお at 22:17Comments(0)カスタムS&TARX160

2018年05月06日

東京マルイ M92F〜ランヤードリング〜

以前何かの拍子に破損してしまった我が魂のM92Fのランヤードリング。

ガスブロパーツならあそこだろ!っと秋葉原のお気に入りのお店へ。
さくっとランヤードリングを出してもらい、ランヤードも覗いていると、

「そちら、実銃用なんですよ…。」(ボソッ)

くっ!この店員!
『実銃用』とか『実物』とか、みんながみんなそんな言葉に弱い訳じゃないんだぞ!
そもそもランヤードに実銃用もクソもねーだろ!
本物とはっ!
ニセモノとはっ!!!

「それも下さい」


サクッとストリップ。



特に迷う事もなくパコッとピンも抜いちゃって。



はい完成。
このピンには方向は無いので思う方向から好きに叩けばいい。



これでようやく我が魂の92Fも見事復活である。
ちなみにケースはベレッタ純正実銃用である()
中のザクリは大きめなのでM93Rサイズでもすんなり入る。

最近ホップが全く効いてないのが少し気になるが、ハンドガンは腕時計感覚なZoomは特に危機感はない。

また今度パラコード買いに行くついでに購入していってやろう。  


Posted by Zoom@べれお at 21:36Comments(0)カスタム東京マルイM92Fレビューガスブロ

2018年05月06日

試合に勝って物欲に負ける話


欲しい物我慢する時にヒトはどうするか。

金を使うのさ。

そうしてチリも積もって「あれ?今頃買えてたんじゃね?」と思う。
学べないのではない。
男とは、振り上げた拳をタダでは降ろせないのだ。

本日の戦利品
ピストルランヤード1800円
ランヤードリング 1400円
スナイパーベール 1300円
M100不等ピッチスプリング 500円
マイトリーのガチャで当たった謎ベベル ガチャ代500円
パラコード1m 80円

しかし、必ずしも値段の張る物が満足度も高いとは限らない。
今回1番買って良かった、満足した物はもちろんパラコードである。
なんでもっと買わなかったんだ…。
20mぐらい買っときゃよかった…。

よし、買おう(拳を掲げろ!)  


Posted by Zoom@べれお at 20:50Comments(0)雑記

2018年05月03日

KSC M4A1 GBB ver2 〜魔ホップ〜


京都のプラウダより購入。

1日の夕方発送完了より2日の15時に千葉の自宅に到着。
中2日は掛かると思ってたけれど、最近の宅配はとても早い。
販売店の迅速な対応と物流企業の努力に感謝!

早速組み込んでみる。
以下のページを参考に作業した。
http://1st.geocities.jp/gunshootingandcustom/m4a1bunkai.html
こちらのページは旧型のCQBタイプの物。
Zoom所有のver2でも少し違う所はあるけれど十分参考になる。
間違い易いアウターバレルの回す方向は、銃を構えた方向から反時計回りに回すとバレルが緩められる。
作業用ゴム手袋をして、先にフロントサイトブロックのピンを外し、コンロで5秒程炙ると外しやすかった。

チャンバーをバラすと分かるが、新型チャンバーは板バネでパッキンを押し込んでいる。
魔ホップぽん付けだとホップが効き過ぎて鬼ホップなので、板バネを指でクニクニ曲げながらちょうど良い所を探す。

すると、なんという事でしょう…!
これまで大暴れしていた我儘ホップアップが嘘のように安定しているではありませんか。

これまではピーキーで、フルオートではラジコン飛行機ばりの急上昇の鬼ホップ、セミオートでもガス圧が低くなれば弾道ミサイルもびっくりな程に地面をえぐり、使う弾さえ制限されていたのが全て解消。

使用弾はG&G 0.25gバイオ弾。
風の強いフィールドが多い千葉なので0.20gは今回試してないが、良好な結果が得られると推測。

たかだか918円の商品でこれだけの効果があるなら、カスタム初心者の方も頑張って挑戦する価値は大アリである。




拙い絵で申し訳ない。
左が純正の2点保持で、右が所謂3Dホップ形状の魔ホップ。
従来の電気なまずのような長かけホップと云われる物に2点保持を合わせたような形状。
魔ホップはV字であるが、完全なスリック(かまぼこ板がそのままおりてくるような)タイプや色々な形状があるし、
魔ホップのようにパッキンに2点保持や3D形状が在るものと、
スリックパッキンと併せるように、押しゴムが3D形状になってる物などもある。
また、パッキン自体や押しゴムの硬さも選べるので、自分の使用弾等に合わせて色々試してみよう。

尚、KSCの新型チャンバーには純正互換のGUARDER製と、この魔ホップしか選択肢がない模様。
先人達はVSR用のパッキンを加工流用されてる方も見受けられるが、魔ホップがある以上必要はないかなと思うが、
現状KSC新型用魔ホップには硬さが選択出来ないので、ライトウェイトボルト等でガス量絞って0.20g弾で高燃費オールシーズン仕様などを目指すのであれば加工流用も必要になってくるかも知れない。

とりあえず今シーズンはこの魔ホップ仕様で遊んでいこうと思う。
明日のゲームが楽しみだ。  


Posted by Zoom@べれお at 16:24Comments(0)カスタムKSCM4ガスブロ

2018年04月30日

S&T ARX160 CQB 電動ブローバック


いつかは真っ赤なアルファロメオ155V6に乗りたいなんて夢想していた子供時代。
サバイバルゲームに嵌りだしてからM92FというTHE拳銃をイタリアのベレッタ社の拳銃だという事を知った。
逆ミーハーなZoomという人間は巷に溢れるARやAKにはいまいちハートがブルブルしなかった。(や、持ってるけど)

っっんっは……!!
なんたる造形美。
バイクはYAMAHA党。
享受を乞わなくとも自由に手を伸ばした先で適当にしっくり収まってしまう。
ちなみにドラクエ派。
敷かれたレールをキッチリ歩みたいのだ。

ちなみにこちらはARX160 CQBとネットなどでは商品が記載されているけれど、刻印は『ARX100』。
アメリカの銃規制に適応させる為のセミオートモデルらしいが、そもそも12インチでは規制通らないのでは?というアベコベな感じ。
当方は特に気にしていない。

外観に関しては割愛。
内部のお話を。

初速は0.20g平均92m程。
サイクルは計測していないけれど、マルイスタンダードと同等と感じる。

初期マガジンは同社製スチール多段マガジン。
マルイやら色々なメーカーの多段を試してみたが、マガジンが小さかったり大きかったりでしっくりくる物がない。
初期多段マガジンですら給弾不良が多く、今ではZCの安物プラスプリングマガジンを使用。
マガジンキャッチの直上にビニールテープを2周巻いてガタつきを抑えてやると給弾もスムーズになった。

そして曲者の専用チャンバー&専用インナーバレル。
ホップの掛かり具合はピーキーでブローバックと相まってフルオート中に多々ズレる。
ズレに関してはホップのダイヤル内側に1周ビニールテープを巻いて対処。
ピーキーな理由はホップパッキンの押しゴムがプラスチック製の所為。
マルイの様な筒状の押しゴムだと押し量が全然足りないので使用不可。

1年使用でブローバック機構のパーツが破損してしまったけれど、ギアノイズ自体はかなり静かな方だと思う。
ちなみにブローバック時は5連発ほどで前方の敵ゲーマー2、3人が一斉に振り向くほどけたたましい音。

とまあ、やはり酷評になってしまったけれど一応言っておくと、
『だが、そこがいい』
週に1回ゲームに行くだけではやはり寂しい。
平日はメンテとちょこっとしたカスタムをしながら晩酌しながら週末のゲームを夢想するのだ。

楽しい……。

部屋を暗くして目を瞑り、今夜も1人脳内カスタム談義が捗ります。
  


Posted by Zoom@べれお at 22:03Comments(0)S&TARX160レビュー雑記

2018年04月30日

LCT AMD65


「実は、まだ出してないブツがありましてね……。」

ふらりと立ち寄った、活動拠点より程近い所にある中古装備ショップにて、G&G RK103をボケーっと眺めていた。
(たくてぃこーAKまあまあやん…擬似ブローバックってなんぞ)
そこへ接客にきた店員のおにーちゃんがおもむろに裏より取り出したるはZoomさん好みのたくてぃこーな、もだーんな、渋いAK。

のちにLCT製クレブスタイプのレールを載せた同社製AMD65と判明。
中身はノーマルだが、詳細を調べるのに苦労したレールは今や絶版なのだろうか?
どこも販売していない様子。
個人的にはレール付き、中身ノーマルで新品の半値以下で手に入れられたのは非常に幸運。

実射性能は中古購入の為、詳細は割愛するが、Zoomが購入した個体はアウターバレルがレシーバー付け根から右に曲がっていた。湾曲ではなくて、逸れているイメージ。
その所為で弾道も右にズレるが、少し左にゼロインしてやれば普通に発射出来て、普通に当たってくれる。
のちに購入したRPK用の左右調整付きリアサイトの調整内に収まっているのでZoom的には大きな問題ではない。

外装は前オーナーさんが施したウェザリングが良い味を出している。
ゲームに持って行くとちょいちょい、かっこいいですねと声を掛けて頂けるのがとても嬉しい。
前オーナーさんに感謝である。

ひとつあるとすれば、しこたま重い。
コンタクトして10秒も構えれば腕プルプルで勝手に戦意喪失。
疲れるので相対するのも程々に斜め後ろのバリケに移動。
最近のZoomの生存率の高さはこれのお陰である。
目の前の敵ゲーマーに執着せず、周りに広い視野を持つのが、長く生き残れ、気楽にゲームを楽しめるコツなのかも知れない。
かっこよく言えば『切り捨てる』である。

さて、これからは内部カスタムもだが、ウェザリングにも挑戦していこうと思う。
いつか前オーナーさんにお会いしたら更に褒めてもらえるようなAMD65を作っていこう。  


Posted by Zoom@べれお at 21:59Comments(0)LCTAMD65レビュー雑記

2018年04月30日

OPERATION FREEDOM 〜operation resistenza !!〜


「キャンプというより行軍です」

お決まりの朝寝坊によりかなりゆっくりとした出陣。
前の晩からどこに行こうかとあれこれ夢想して結局行き先も定まらないままベースキャンプ(自宅)を後に。
464バイパスを最近お気に入りのREOLで流して印旛日本医大駅を過ぎ、印西自動車学校の交差点を右折。
先のセブンイレブンの交差点で信号待ちをしながら考える。

(METは先週行ったし、森系な気分でもない…。
となると、右折してヴァルハラが近いがなんとなーくもう少し足を伸ばしたい気分。
しかしこれから千葉市内まで足を伸ばしては午後になってしまう…。
お気に入りのBEAMは5/4に行くしなー)

思慮に思慮を重ねてたどり着いたのがoperation freedom !
今の気分にベストマッチ!

過去に一度利用した事があるのだが、当時はまだサバゲーマー1年生。
持っていたのは中華コピーのコピー的な謎メーカーの右曲がりなダンディーSR16とKSC M93R II。
1日0キル余裕の時代で、逆ヒット製造機であった。

サバゲーマー3年生に進級した僕はオペフリの絶妙なフィールドメイクに柄にもなくサボるのも忘れて走り回ってしまった。


なにが楽しいって、フラッグや敵ゲーマーまでの多彩なルート。
塹壕あり山ありバリケあり。
山2つ先に敵の影見れば右の塹壕を進もうか、左の山間を抜けて行こうか、目の前の山に登り強襲を掛けようか。
距離が届きそうであれば、山の斜面にプローン。
自生するチカラシバよりぬるりと銃口を出して射撃。
バレたとしても正確な位置までは分からないようでスルッと引いて右へ左へ移動しズドン。
気持ちいい。かなり気持ちいい。
なんだか熟練ゲーマーになった気分。
正直フラッグゲットよりも撃ち合いを所望するZoomにはぴったりの環境。
要は殲滅すりゃいいのだ。

まだまだ未熟者なZoomは森の中での索敵が苦手なので、オペフリのような迷彩効果がはっきりと現れず、想像力と簡単な索敵でサクサク進めるフィールドが大好きである。

そして何より、贔屓にしてるBEAMにもあるが、オペフリにも半日券があるのだ!!
寝坊助で1日遊ぶのも体力的にしんどいZoomには最高に嬉しい。

一気にお気に入りフィールドに躍り出たオペフリとBEAMを、今後は隔週で楽しんでいきたいと思う。

あ、冒頭の伏線回収忘れた。
まあいいか笑  


Posted by Zoom@べれお at 18:00Comments(0)サバゲーリポート

2018年04月29日

KSC M4A1 GBB ver2


以前所有していた同社M93R II HW system7で感動のブローバック体験。
フォールディングストックを装備し、前のめりに構えれば、ほとばしる3点バーストの威圧感は前方の敵プレイヤーをバリケードに押し込める程。
正直に言って、全然タマ届いてなかった。
試合に負けても勝負に勝つ的ななんとも言えない優越感に浸りながら一生懸命タマ込める日々。

ある日、雨の日。
急遽仕事が休みになり早起きしていた事もありどうしてもサバゲしたくて飛び出し、さまよい、辿り着いたのがインドアフィールドどんぱち。
心やさしきおっちゃん達の貸切に飛び入り参加。
ふと横を見やると、メタボリックに鍛え上げられたおっちゃんの腹をブルンブルン揺らすAR。
『撃ってみるか?』
(あーすごいだめだこれ絶対買うヤツだ……)

そんなイヒッ!体験から同社M4A1 ver2を購入。
ver1からの変更点の詳細は自身でも把握しておらず。
使用感は2.5/5点といったところ。

正直に言えば大分使いにくい。
パワーソースがガス故に安定しない初速とホップ。
真夏でなんとかワンマグフルオートで打ち切れるぐらい。
不安定なホップの所為で、フルオート前半は上に鬼ホップ、徐々に弾道も落ち着いたと思えば後半は30mも届かず弾ヒョロ。
少し涼しくても元気良く動くレンジでお隣のマルイMWSに血涙出しそうになります。

しかし、
そんな事はこの猛烈なブローバックの前にはほんの小さな事。
ぶっちゃけセミオートなら調子いいし。
射撃間隔は3秒〜5秒程度が良いし。

弾は純正の物を使用すれば鬼ホップがかなり落ち着きます。
涼しい季節には0.20gを、
暖かい季節には0.25gを使用。
マルイやG&Gに比べると少しテカリが強い気がする。
表面のワックスが多めなのが、純正2点保持ホップパッキンに引っかからずツルッと発射されるのでしょう。
弊害で弾ヒョロが増えます………。
たぶん弾の精度が小さい方向に悪いのでしょう。

なんやかんやで実射性能は酷評になってしまったけれど、でも、良いんです。
要はめっちゃかっこいい。撃ってるだけで非常に楽しい。
オモチャとは実用性ではないと思うのです。

そろそろ内部カスタムを施工しよう。
なにせ試せる期間がワンシーズンしかないから急がないと笑  


Posted by Zoom@べれお at 17:51Comments(0)KSCM4レビュー雑記ガスブロ